文献リスト



論文誌

  1. 窪田 昌史, 三吉 郁夫, 大野 和彦, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    不規則アクセスを伴うループの並列化コンパイル手法 -- Inspector/Executorアルゴリズムの高速化 --.
    情報処理学会論文誌, No. 35, Vol. 4, pp. 532-541, April 1994.
  2. Atsushi Kubota, Ikuo Miyoshi, Kazuhiko Ohno, Shin'ichiro Mori, Hiroshi Nakashima, and Shinji Tomita.
    A parallelizing compiler technique for loops with irregular accesses -- new algorighms to improve the performance of the inspector/executor --.
    In Lubomir F. Bic, Alexandru Nicolau and Mitsuhisa Sato, editors, Parallel Language and Compiler Reseach in Japan, chapter 13, pp. 313-323. Kluwer Academic Publishers, 1995.
  3. 大野 和彦, 伊川 雅彦, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    静的解析による並列論理型言語KL1のメッセージ通信最適化.
    情報処理学会論文誌, Vol. 38, No. 8, pp. 1638-1648, August 1997.
  4. 佐藤 貴之, 松尾 治幸, 大野 和彦, 中島 浩.
    specMEM:同期操作に対するメモリ・アクセスの投機的実行.
    情報処理学会論文誌 ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 41 No. SIG 5(HPS 1), pp. 1-14, August 2000.
  5. 田中 孝太郎, 大野 和彦, 中島 浩.
    Amaterous: 経路選択法による高性能並列ルータ.
    情報処理学会論文誌, Vol. 42 No. 4, pp. 732-744, April 2001.
  6. 今福 茂, 大野 和彦, 中島 浩.
    共有メモリ・マルチプロセッサの 分散シミュレーションのための参照フィルタ方式.
    情報処理学会論文誌ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 42 No. SIG 9 (HPS 3), pp. 93-105, August 2001.
  7. 大野 和彦, 山本 繁弘, 岡野 孝典, 中島 浩.
    プロセスネットワークを宣言的に記述する並列言語.
    情報処理学会論文誌 ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 42 No. SIG 12 (HPS 4), pp. 95-110, November 2001.
  8. 松尾 治幸, 大野 和彦, 中島 浩.
    同期操作に対する投機的メモリアクセス機構specMEMの改良.
    情報処理学会論文誌, Vol.43, No. 4, pp. 855-865, April 2002.
  9. 丸山 真佐夫, 山本 繁弘, 大野 和彦, 中島 浩.
    巻き戻し実行をサポートする並列プログラムデバッガ.
    情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, Vol. 45 No. SIG 3(ACS 5), pp. 109-121, March 2004.
  10. 宮前 元紀, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    適応的に階層実行するら旋状動き探索.
    電子情報通信学会論文誌, Vol. J89-D No. 3, pp. 482-491, March 2006.
  11. 阪口 裕輔, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語処理系におけるユーザレベル機能拡張機構.
    情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, Vol. 47 No. SIG 12(ACS 15), pp. 296-307, September 2006.
  12. 松本 真樹, 片野 聡, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫, 中島 浩.
    ヘテロ型大規模並列環境の階層型タスクスケジューリングの提案と評価.
    情報処理学会論文誌 プログラミング, Vol. 2 No. 1, pp. 1-17, January 2009.
  13. 松本 真樹, 片野 聡, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫, 中島 浩.
    非均質環境における適応型スケジューリング手法の提案と評価.
    電子情報通信学会論文誌, Vol. J93-D No. 6, pp. 693-704, June 2010.
  14. 中林 智之, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    クロック系消費電力に着目した可変段数パイプラインプロセッサの低電力化.
    電子情報通信学会論文誌, Vol. J94-D No. 4, pp. 646-656, April 2011.
  15. 松本 真樹, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫, 中島 浩.
    静的情報を用いた動的再スケジューリングのオーバーヘッド削減手法.
    情報処理学会論文誌 プログラミング, Vol. 4 No. 3, pp. 55-67, June 2011.
  16. Tomoyuki Nakabayashi, Takahiro Sasaki, Kazuhiko Ohno, Toshio Kondo.
    Design and Evaluation of Variable Stages Pipeline Processor with Low Energy Techniques.
    IET Journal of Computer and Digital Techniques, Vol.6 No. 1, pp. 43-39, January 2012.
  17. 近藤 利夫, 渡部謹二, 佐々木 敬泰, 大野 和彦.
    方向別拡張テンプレートを複数併用する粗密探索構成の動き検出法.
    電子情報通信学会論文誌, Vol. J95-D No. 1, pp. 85-96, January, 2012.
  18. 渡部 功, 佐々木 敬泰, 松原 伸幸, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    モード切替オーバヘッドを低減した可変レベルキャッシュの提案と評価.
    情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム(ACS), Vol.5, No. 4, pp.48-60, August, 2012.
  19. Kazuhiko Ohno, Dai Michiura, Masaki Matsumoto, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo.
    A GPGPU Programming Framework based on a Shared-Memory Model.
    Parallel and Distributed Computing and Networks, ACTA Press, Vol. 3, pp.1-14, 2013.
  20. Kazuhiko Ohno, Tomoharu Kamiya, Takanori Maruyama, Masaki Matsumoto.
    Automatic Optimization of Thread Mapping for a GPGPU Programming Framework.
    International Journal of Networking and Computing, Vol. 5, No. 2, pp.253-271 2015.
  21. Kazuhiko Ohno, Rei Yamamoto, Hiroaki Tanaka.
    Dynamic Task Scheduling Scheme for a GPGPU Programming Framework.
    International Journal of Networking and Computing, Vol. 6, No. 2, pp.290-308 2016.

査読付会議

  1. 窪田 昌史, 三吉 郁夫, 大野 和彦, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    分散メモリ型並列計算機の自動並列化コンパイラ -- Inspector/Executorアルゴリズムの高速化 --.
    並列処理シンポジウムJSPP'93, pp. 47-54, May 1993.
  2. 大野 和彦, 伊川 雅彦, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    静的解析による並列論理型言語KL1の通信最適化.
    並列処理シンポジウムJSPP'95, pp. 169-176, 1995.
  3. Kazuhiko Ohno, Masahiko Ikawa, Masahiro Goshima, Shin'ichiro Mori, Hiroshi Nakashima, and Shinji Tomita.
    Improvement of message communication in concurrent logic language.
    In Proceedings of the Second International Symposium on Parallel Symbolic Computation PASCO'97, pp. 156-164, July 1997.
  4. Kazuhiko Ohno, Masahiko Ikawa, Masahiro Goshima, Shin'ichiro Mori, Hiroshi Nakashima, and Shinji Tomita.
    Efficient goal scheduling in concurrent logic language using type-based dependency analysis.
    In Proceedings of the Asian Computing Science Conference ASIAN'97, pp. 268-282, December 1997.
  5. Hiroshi Nakashima and Kazuhiko Ohno.
    Optimizing KLIC with Static Analysis.
    In Proceedings of the International Conference on Applications of Prolog, pp. 18-26, September 1998.
  6. Takayuki Sato, Kazuhiko Ohno, and Hiroshi Nakashima.
    A Mechanism for Speculative Memory Accesses Following Synchronizing Operations.
    In Proceedings of the International Parallel and Distributed Processing Symposium, pp. 145-154, May 2000.
  7. Kazuhiko Ohno, Shigehiro Yamamoto, Takanori Okano, and Hiroshi Nakashima.
    Orgel: A Parallel Programming Language with Declarative Communication Streams.
    In Proceedings of the Third International Symposium ISHPC 2000, pp. 344-354, October 2000.
  8. Hiroshi Nakashima, Takayuki Sato, Haruyuki Matsuo, and Kazuhiko Ohno.
    Improved Implementations of the Speculative Memory Access Mechanism specMEM.
    In Alex Veidenbaum and Hiroshi Nakashima, editors, Innovative Architecture for Future Generation High-Performance Processors and Systems, pp. 97-104. IEEE Computer Society, December 2000.
  9. Kotaro Tanaka, Kazuhiko Ohno and Hiroshi Nakashima
    Amaterous: A Parallel Wire Router without Detailed/Global Feedback.
    In Proc. Intl. Conf. Algorithms and Architectures for Parallel Processing (ICA3PP), pp. 334-351, World Scientific, December 2000.
  10. Shigeru Imafuku, Kazuhiko Ohno, and Hiroshi Nakashima.
    Reference Filtering for Distributed Simulation of Shared Memory Multiprocessors.
    In Proc. 34th Annual Simulation Symposium, pp. 219-226, May 2001.
  11. 田代 友成, 大野 和彦, 中島 浩.
    分散計算システムWDCの設計と実装.
    並列処理シンポジウムJSPP2001, pp. 271-278, June 2001.
  12. 松尾 治幸, 大野 和彦, 中島 浩.
    同期操作に対する投機的メモリ・アクセス機構specMEMの改良.
    並列処理シンポジウムJSPP2001, pp. 181-188, June 2001.
  13. 丸山 真佐夫, 山本 繁弘, 大野 和彦, 中島 浩.
    並列プログラムデバッギングのための巻き戻し実行機構.
    並列処理シンポジウムJSPP2001, pp. 89-90, June 2001.
  14. 松尾 治幸, 大野 和彦, 中島 浩.
    共有メモリ型マルチプロセッサの分散シミュレータShamanの実装と評価.
    並列処理シンポジウムJSPP2002, pp. 111-118, May 2002.
  15. 外崎 由里子, 中田 尚, 大野 和彦, 中島 浩.
    並列スクリプト言語(Perl)+の実装と設計.
    並列処理シンポジウムJSPP2002, pp. 241-244, May 2002.
  16. 丸山 真佐夫, 山本 繁弘, 大野 和彦, 中島 浩.
    巻き戻し実行をサポートする並列プログラムデバッガ.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2003, pp. 65-72, May 2003.
  17. 大塚 保紀, 深野 佑公, 西里 一史, 大野 和彦, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語MegaScriptの構想.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2003, pp. 73-76, May 2003.
  18. 中田 尚, 大野 和彦, 中島 浩.
    高性能マイクロプロセッサの高速シミュレーション.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2003, pp. 89-96, May 2003.
  19. 柴田 俊介, 鈴木 雄大, 大野 和彦, 中島 浩.
    メガスケールシミュレータAnastasiaの設計と実装.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2003, pp. 153-154, May 2003.
  20. 湯山 紘史, 大塚 保紀, 西里 一史, 大野 和彦, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語MegaScriptによるタスクモデルの記述手法.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2004, pp. 135-136, May 2004.
  21. 鈴木 雄大, 柴田 俊介, 大野 和彦, 中島 浩.
    メガスケールシミュレータAnastasiaにおけるイベントスケジューラの設計と実装.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2004, pp. 137-138, May 2004.
  22. 西川 雄彦, 高木 祐志, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語MegaScriptランタイムの広域分散化.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2005, pp. 251-252, May 2005.
  23. 阪口 裕輔, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語処理系におけるユーザレベル機能拡張機構.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2006, pp. 447-456, May 2006.
  24. Yusuke Sakaguchi, Kazuhiko Ohno, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo, Hiroshi Nakashima.
    A User-level Extension Scheme for a Task-Parallel Script Language.
    Proceedings of the 19th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems --PDCS 2007--, pp. 274-281, November 2007.
  25. Kazuhiko Ohno, Masaki Matsumoto, Satoshi Katano, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo, Hiroshi Nakashima.
    A Hybrid Scheduling Scheme for Large-scale Heterogeneous Environments.
    Proceedings of the 20th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems --PDCS 2008--, pp. 12-19, November 2008.
  26. Kazuhiko Ohno, Masaki Matsumoto, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo, Hiroshi Nakashima.
    An Adaptive Scheduling Scheme for Large-Scale Workflows on Heterogeneous Environments.
    Proceedings of the 21th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems --PDCS 2009--, pp. 165-174, November 2009.
  27. Tomoyuki Nakabayashi, Takahiro Sasaki, Kazuhiko Ohno, Toshio Kondo.
    Design and Evaluation of Variable Stages Pipeline Processor Chip.
    University LSI Design Contest on Asia and South Pacific Design Automation Conference, pp. 95-96 January 2010.
  28. Takahiro Sasaki, Kazumasa Nomura, Tomoyuki Nakabayashi, Kazuhiko Ohno, Toshio Kondo.
    Fine Grain Controller for Variable Stages Pipeline Processor.
    Proceedings of the 25th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp. 748-751, July 2010.
  29. Tomoyuki Nakabayashi, Takahiro Sasaki, Kazuhiko Ohno, Toshio Kondo.
    Design and Evaluation of Variable Stages Pipeline Processor Chip.
    International Symposium on Information and Automation, pp. 220-226, November 2010.
  30. Nobuyuki Matsubara, Takahiro Sasaki, Kazuhiko Ohno, Toshio Kondo.
    Evaluation of Variable Level Cache.
    International Symposium on Information and Automation, pp. 227-233, November 2010.
  31. Kazuhiko Ohno, Akihiro Mita, Masaki Matsumoto, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo, Hiroshi Nakashima.
    Efficient Implementation of Large-scale Workflows based on Array Contraction.
    Proceedings of the 22th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems --PDCS 2010--, pp. 153-162, November 2010.
  32. Masaki Matsumoto, Kazuhiko Ohno, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo, Hiroshi Nakashima.
    Dynamic Rescheduling Scheme for Large-Scale Workflows.
    Proceedings of the 22th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems --PDCS 2010--, pp. 163-171, November 2010.
  33. 松下 圭吾, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    実行トレースの比較を用いたデバッグ手法の提案及び評価.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2011, pp. 152-159, May 2011.
  34. 道浦 悌, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    GPGPUにおけるデータ自動転送化コンパイラの提案.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2011, pp. 221-222, May 2011.
  35. Tomoyuki Nakabayashi, Takahiro Sasaki, Kazuhiko Ohno, Toshio Kondo.
    Low Power Semi-static TSPC D-FFs Using Split-output LatchLow Power Semi-static TSPC D-FFs Using Split-output Latch.
    Proc. of International SoC Design Conference, pp. 167-170, November 2011.
  36. Kazuhiko Ohno, Dai Michiura, Masaki Matsumoto, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo.
    A GPGPU Programming Framework based on a Shared-Memory Model.
    Proceedings of the 23th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems --PDCS 2011--, pp. 310-318, December 2011.
  37. Masaki Matsumoto, Kazuhiko Ohno, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo.
    A Recursive Adaptive Scheduling Scheme for Large-scale Workflows
    Proceedings of the 23th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems --PDCS 2011--, pp. 138-145, December 2011.
  38. 道浦 悌, 大野 和彦, 松本 真樹, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    GPGPUにおけるデータ転送を自動化するMESI-CUDAの提案.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2012, pp. 201-209, May 2012.
  39. 鈴木 康平, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    MegaScript処理系におけるスケジューラライブラリの設計.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2012, pp. 42-43, May 2012.
  40. 増田 嵩, 三田 明宏, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    MegaScriptにおける多次元タスク配列の設計と実装.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2012, pp. 45-46, May 2012.
  41. 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    自動でテストパターンを生成する単体テスト環境の構想.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2012, pp. 55-56, May 2012.
  42. 中林 智之, 佐々木 敬泰, Eric Rotenberg, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    FabScalarのAlpha 21264命令セット対応とマルチプロセッサ環境フレームワークの構築.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2012, pp. 374-381, May 2012.
  43. 渡部 功, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    NUALキャッシュの改良と可変レベルキャッシュへの適用.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2012, pp. 2-3, May 2012.
  44. 中村 仁, 中林 智之, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    細粒度モード切換コントローラを用いた可変パイプライン段数プロセッサのチップ試作と評価.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2012, pp. 6-7, May 2012.
  45. Kazuhiko Ohno, Masaki Matsumoto, Tomoharu Kamiya, Takanori Maruyama.
    Supporting Dynamic Data Structures in a Shared-memory Based GPGPU Programming Framework.
    Proceedings of the IASTED International Conference Parallel and Distributed Computing and Systems(PDCS 2012), pp. 122-131, November 2012.
  46. Masaki Matsumoto, Kazuhiko Ohno, Kohei Suzuki, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo.
    DRAS: Fast Dynamic Rescheduling Scheme Eliminating Redundant Computation.
    the 11th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Networks (PDCN 2013), pp. 301-308, February, 2013.
  47. Kohei Suzuki, Masaki Matsumoto, Kazuhiko Ohno, Takahiro Sasaki, Toshio Kondo.
    A Hierarchical Library for User-defined Schedulers.
    the 11th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Networks (PDCN 2013), pp. 309-316, February, 2013.
  48. 仲 貴幸, 増田 嵩, 松本 真樹, 大野 和彦.
    大規模環境を想定した階層型ワークフロー処理系の効率的な通信方式.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2013, pp. 99-100, May 2013.
  49. 丸山 剛寛,神谷 智晴,松本 真樹,大野 和彦.
    シェアードメモリを利用したGPGPU処理系の自動最適化機構.
    先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2013, pp. 124-125, May 2013.
  50. 鈴木 康平, 松本 真樹, 大野 和彦.
    大規模ワークフロー用スケジューラ実装のためのライブラリ設計.
    第16回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2014, March 2014.
  51. Tomoharu Kamiya, Takanori Maruyama, Kazuhiko Ohno.
    Compiler-Level Explicit Cache for a GPGPU Programming Framework.
    the 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'14), pp. 632-638, July, 2014.
  52. Kazuhiko Ohno, Tomoharu Kamiya, Takanori Maruyama, Masaki Matsumoto.
    Automatic Optimization of Thread Mapping for a GPGPU Programming Framework.
    2014 Second International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'14), pp. 198-204, December, 2014.
  53. 神谷 智晴, 丸山 剛寛, 大野 和彦.
    GPGPU処理系におけるカーネル関数内のコード変換によるスレッドマッピング機構の改良.
    第17回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2015, pp. 1-13, March 2015.
  54. 丸山 剛寛, 神谷 智晴, 大野 和彦.
    GPGPUフレームワークMESI-CUDAにおける自動最適化のための配列インデックスの静的解析手法.
    第17回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2015(ポスター), March 2015.
  55. 高田 貴正, 新田 知生, 大野 和彦.
    SPH法による流体解析のGPU上での高速化.
    ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム2017, pp. 26-35, May 2017.
  56. Kazuhiko Ohno, Tomoki Nitta, Hiroto Nakai.
    SPH-based Fluid Simulation on GPU using Verlet List and Subdivided Cell-Linked List.
    2017 Fifth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'17), pp. 132-138, November, 2017.

その他の発表論文

  1. 窪田 昌史, 大野 和彦, 三吉 郁夫, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    分散メモリ型並列計算機の自動並列化コンパイラ -- Inspector/Executorアルゴリズムの高速化 --.
    In 情処研報 92-ARC-97, pp. 41-48, December 1992.
  2. 窪田 昌史, 大野 和彦, 三吉 郁夫, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    不規則アクセスを伴うループの自動並列化コンパイラ技法 In 情処研報 93-PRG-11, pp. 95-104, March 1993.
  3. 大野 和彦, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    動的負荷分散のための並列木探索(DTS)アルゴリズムの拡張 -- 並列計算機AP1000でのライブラリ化 --.
    In 情処研報 93-PRG-13, pp. 57-64, August 1993.
  4. 大野 和彦, 中島 浩, 富田 眞治.
    静的解析による並列論理型言語の実行最適化.
    In 情処研報 94-PRG-18, pp. 17-24, July 1994.
  5. 大野 和彦, 伊川 雅彦, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    並列論理型言語KL1の最適化手法.
    In 情処研報 94-OS-67, pp. 183-190, December 1994.
  6. 伊川 雅彦, 大野 和彦, 中島 浩, 富田眞治.
    並列論理型言語処理系KLICにおける通信の高速化.
    In 情処研報 95-PRO-2, pp. 105-112, May, 1995.
  7. 伊川 雅彦, 大野 和彦, 五島 正裕, 森 眞一郎, 中島 浩, 富田 眞治.
    KLICにおけるゴール・スケジューリング最適化.
    In 情処研報 96-PRO-10, pp. 43-48, October, 1996.
  8. 今福 茂, 大野 和彦, 中島 浩.
    共有メモリ型並列計算機シミュレータの実現.
    In 情処研報 99-ARC-134, pp. 37-42, August, 1999.
  9. 田中 孝太郎, 大野 和彦, 中島 浩.
    大域/詳細配線を独立して行う並列配線アルゴリズムの提案.
    In 信学技報 CPSY-99-69, pp. 55-62, August, 1999.
  10. 今福 茂, 大野 和彦, 中島 浩.
    共有メモリ型並列計算機の分散シミュレータ.
    In 情処研報 2000-ARC-136, pp. 37-42, January 2000.
  11. 大野 和彦, 岡野 孝典, 山本 繁弘, 中島 浩.
    マルチエージェントパラダイムと宣言的通信ストリームに基づく並列言語.
    In 情報処理学会 第27回プログラミング研究会, January 2000.
  12. 田代 友成, 大野 和彦, 中島 浩.
    分散計算システムWDCの設計と実装.
    In 情処研報 2000-HPC-82, pp. 143-148, August 2000.
  13. 松尾 治幸, 大野 和彦, 中島 浩.
    同期操作に対する投機的メモリ・アクセス機構specMEMの改良.
    In 情処研報 2000-ARC-139, pp. 13-18, August 2000.
  14. 山本 繁弘, 大野 和彦, 中島 浩.
    エージェント指向並列言語Orgelの静的解析による最適化.
    In 情報処理学会 第30回プログラミング研究会, August 2000.
  15. 谷 寿人, 大野 和彦, 中島 浩.
    PCクラスタによるドーム投影のための画像変形補正法.
    In 情処研報 2001-ARC-143, pp. 19-24, May 2001.
  16. 山本 繁弘, 大野 和彦, 中島 浩.
    静的解析と動的処理の組合わせによるエージェント指向並列言語Orgel のスケジューリング.
    In 情報処理学会 第35回プログラミング研究会, July 2001.
  17. 外崎 由里子, 大野 和彦, 中島 浩.
    並列スクリプト言語(Perl)+の実装と設計.
    In 情報処理学会 第35回プログラミング研究会, July 2001.
  18. 深野 佑公, 山本 繁弘, 大野 和彦, 中島 浩.
    静的解析と動的処理の組み合わせによるエージェント指向並列言語Orgelのスケジューリング.
    In 情報処理学会 第40回プログラミング研究会, August 2002.
  19. 田代誠, 佐々木敬泰, 大野和彦, 近藤利夫.
    H.264用分数画素精度動き探索器の設計.
    In H15年度電気関係学会東海支部大会連合大会, pp. 299, October 2003.
  20. 奥野剛, 佐々木敬泰, 大野和彦, 近藤利夫.
    リフレッシュピクチャ符号分割送出型低遅延動画像符号化方式.
    In H15年度電気関係学会東海支部大会連合大会, pp. 302, October 2003.
  21. 馬瑞強, 佐々木敬泰, 大野和彦, 近藤利夫.
    動き探索量低減によるTV映像ノイズ欠損部修復処理の高速化.
    In H15年度電気関係学会東海支部大会連合大会, pp. 302, October 2003.
  22. 橋本健太郎, 佐々木敬泰, 大野和彦, 近藤利夫.
    アナログテレビ画像の実時間ノイズ修復.
    In H15年度電気関係学会東海支部大会連合大会, pp. 303, October 2003.
  23. 間宮靖裕, 近藤利夫, 大野和彦, 佐々木敬泰.
    動き探索対象画像の輝度値変化にロバストなブロックマッチング手法の提案.
    In H15年度電気関係学会東海支部大会連合大会, pp. 303, October 2003.
  24. 宮前元紀, 佐々木敬泰, 大野和彦, 近藤利夫.
    螺旋状動き探索の演算量を最小化する探索開始位置選択手法.
    In H15年度電気関係学会東海支部大会連合大会, pp. 304, October 2003.
  25. 西里 一史, 大野 和彦, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語MegaScript向けランタイムシステム.
    In 情処研報 2004-HPC-99, pp. 7-12, July 2004.
  26. 西川 雄彦, 阪口 裕輔, 田中一毅, 大野 和彦, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語用アプリケーション層ライブラリの実現.
    In 情処研報 2004-HPC-99, pp. 13-18, July 2004.
  27. 阪口 裕輔, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語におけるストリーム通信の改良.
    In 情処研報 2004-HPC-99, pp. 19-24, July 2004.
  28. 大野 和彦, 森 英一郎, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    メタ情報に基づくタスク並列スクリプト言語のスケジューラ.
    In 情処研報 2004-HPC-99, pp. 211-216, August 2004.
  29. 間宮 靖裕, 近藤 利夫, 大野 和彦, 佐々木 敬泰.
    適応的なフィルタリングを用いた画像の性質にロバストな動き探索.
    In 第3回情報科学技術フォーラム (FIT2004), pp. 377-378, September 2004.
  30. 奥野 剛, 近藤 利夫, 大野 和彦, 佐々木 敬泰.
    リフレッシュピクチャの分割送信による動画像符号化の遅延低減.
    In 第3回情報科学技術フォーラム (FIT2004), pp. 371-372, September 2004.
  31. 橋本 健太郎, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    テレビ映像に入るパルスノイズの実時間除去手法.
    In 第3回情報科学技術フォーラム (FIT2004), pp. 263-264, September 2004.
  32. 宮前 元紀, 近藤 利夫, 大野 和彦, 佐々木 敬泰.
    段階的探索開始位置決定による螺旋状動き探索の高効率化.
    In 第3回情報科学技術フォーラム (FIT2004), pp. 379-380, September 2004.
  33. 森 英一郎, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスクネットワークの形状に基づく並列スクリプト言語のスケジューラ.
    In 情処研報 2004-HPC-100, pp. 19-24, December 2004.
  34. 小林 仁, 平松 高浩, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    拡張テンプレートを複数併用するHDTV用4画素精度動き検出器の構成.
    In 電子情報通信学会総合大会, pp. D-11-23, March 2005.
  35. 近藤 利夫, 小林 仁, 平松 高浩, 佐々木 敬泰, 大野 和彦.
    照合用拡張テンプレートを複数併用する階層型動き検出.
    In 電子情報通信学会総合大会, pp. D-11-22, March 2005.
  36. 阪口 裕輔, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語処理系におけるユーザレベルの機能拡張を可能とする機構.
    In 情処研報 2005-HPC-103, pp. 151-156, August 2005.
  37. 高木 祐志, 西川 雄彦, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    効率の良い広域分散対応のタスク並列スクリプト言語の実現.
    In 情処研報 2005-HPC-103, pp. 157-162, August 2005.
  38. 高木 祐志, 西川 雄彦, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語処理系における広域分散実行方式.
    In 情処研報 2006-HPC-107, pp. 79-84, July 2006.
  39. 片野 聡, 森 英一郎, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスクネットワークの解析情報を用いたスケジューリング手法.
    In 情処研報 2006-HPC-107, pp. 61-66, July 2006.
  40. 片野 聡, 森 英一郎, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    不均質環境におけるタスクネットワークの静的スケジューリング手法.
    In 情処研報 2007-HPC-111, pp. 37-42, August 2007.
  41. 谷口 和也, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    タスク並列スクリプト言語のビジュアル開発環境の構築.
    In 情処研報 2007-HPC-111, pp. 91-96, August 2007.
  42. クマール・ニティン, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    任意のデバッガを利用できる効率的な並列デバッグ手法.
    In 平成19年度電気関係学会東海支部連合大会ポスターセッション, P-045, September 2007.
  43. 片野 智健, 上念 三郎, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    拡張テンプレート動き検出用4画素精度ビット切り詰め型探索ユニットの設計.
    電子情報通信学会技術報告, pp.71-76, December 2007.
  44. 山本貴也, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    リフレッシュピクチャの冗長符号化による低遅延動画像符号化のH.264への適用性.
    電子情報通信学会技術報告, pp.19-24, December 2007.
  45. 大野 和彦, 張 鉄群, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    配列の縮退表現による大規模並列タスクネットワークの実装効率化.
    In 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, pp. 5-105 - 5-106, March 2008.
  46. 谷口 和也, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    モデル図とコードを併用する大規模並列プログラミングの支援環境.
    In 情報処理学会 第70回プログラミング研究会, August 2008.
    (概要: 情報処理学会論文誌 プログラミング Vol. 2 No. 1, pp. 24-24, January 2009)
  47. 松本 真樹, 片野 聡, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫, 中島 浩.
    非均質環境における選択型スケジューリング手法.
    In 情報処理学会 第75回プログラミング研究会, August 2009.
  48. 松下 圭吾, 谷口 和也, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    並列デバッガにおける情報視覚化手法.
    In 情報処理学会 第75回プログラミング研究会, August 2009.
  49. 松本 真樹, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫, 中島 浩.
    広域分散環境における大規模タスク群の挙動を求める高速シミュレータ.
    In 情報処理学会 第72回全国大会, 6K-5, March 2010.
  50. 松本 真樹, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫, 中島 浩.
    大規模ワークフローを対象とする動的スケジューリング手法における静的情報の利用.
    In 情処研報 2010-HPC-126, pp. 1-9, August 2010.
  51. 三田 明宏, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫, 中島 浩.
    大規模タスクネットワークの縮約表現による実装効率化.
    In 平成22年度電気関係学会東海支部連合大会, D5-7, October 2010.
  52. 大野 和彦, 三田 明宏, 松本 真樹, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫, 中島 浩.
    配列の縮約表現による大規模ワークフローの効率的実装手法.
    In 情報処理学会 第82回プログラミング研究会, January 2011.
  53. 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    適応型手法の改良による大規模な実ワークフローの高速スケジューリング.
    In 情処研報 2011-HPC-130, pp. 1-8, July 2011.
  54. 道浦 悌, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    GPGPUにおけるデータ転送自動化コンパイラの設計.
    In 情処研報 2011-HPC-130, pp. 1-9, July 2011.
  55. 三田 明宏, 仲 貴幸, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    MegaScriptにおける大規模ワークフローの縮約機構の設計.
    In 情処研報 2011-HPC-130, pp. 1-8, July 2011.
  56. 中林 智之, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤利夫.
    イン・オーダ・パイプラインに適した可変パイプライン段数プロセッサ制御機構の実装と評価.
    In 情処研報 2011-ARC-196, pp. 1-8, July 2011.
  57. 仲 貴幸, 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    MegaScript処理系における階層型通信方式の提案.
    In 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会, I2-7, September 2011.
  58. 島田 俊宏, 近藤 利夫, 大野 和彦, 佐々木 敬泰.
    探索範囲拡大時にクロス探索を用いるスーパーブロック単位の高効率4画素精度探索法.
    In 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会, D4-2, September 2011.
  59. 城田 幸利, 佐々木 敬泰, 中林 智之, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    可変レベルキャッシュ用切換コントローラの詳細設計と評価.
    In 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会, H4-4, September 2011.
  60. 田中 将輝, 佐々木 敬泰, 中林 智之, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    可変パイプライン段数アーキテクチャにおける分岐予測器へのパワーゲーティング適用.
    In 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会, H4-5, September 2011.
  61. 中村 佳史, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    動き探索処理向け高並列SAD演算命令の提案.
    In 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会, H4-6, September 2011.
  62. 友永 大貴, 近藤 利夫, 佐々木 敬泰, 大野 和彦.
    超高精細動画像動き検出用参照画像メモリの低電力化.
    In 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会, H4-7, September 2011.
  63. 韓 楊, 近藤 利夫, 佐々木 敬泰, 大野 和彦.
    SIFT特徴量抽出に対応するSIMDプロセッサ構成.
    In 平成23年度電気関係学会東海支部連合大会, H4-8, September 2011.
  64. 田中 将輝,佐々木 敬泰,中林 智之,大野 和彦,近藤 利夫.
    可変パイプライン段数アーキテクチャへのパワーゲーティング適用による低消費エネルギー効果の評価.
    電子情報通信学会技術報告 CPSY2011-45, pp.15-20, November 2011.
  65. 仲 貴幸, 大野 和彦, 松本 真樹, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    階層型MegaScript ランタイムの通信方式.
    In 情処研報 2012-HPC-135, pp. 1-7, July 2012.
  66. 松本 真樹, 大野 和彦, 佐々木 敬泰, 近藤 利夫.
    大規模な実ワークフローを想定した再帰的適応型スケジューリング手法の提案と評価.
    In 情報処理学会 第90回プログラミング研究会, July 2012.
  67. 渡部 功, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    三段階対応の可変レベルキャッシュのマルチスレッドアプリケーションを用いた評価.
    In 情処研報 2012-ARC-201, pp. 1-8, July 2012.
  68. 瀬戸 勇介, 佐々木 敬泰, 大野 和彦, 近藤 利夫.
    ヘテロジニアスマルチプロセッサ環境を対象としたAMBA バスフレームワークの設計と評価.
    In 情処研報 2012-ARC-201, pp. 1-7, July 2012.
  69. 神谷 智晴,丸山 剛寛,松本 真樹,大野 和彦.
    GPGPUのシェアードメモリを利用する自動最適化機構.
    In 情処研報 2013-HPC-140, pp. 1-8, July 2013.
  70. 神谷 智晴,丸山 剛寛,大野 和彦.
    GPGPU処理系の自動最適化におけるシェアードメモリへのデータ転送方式の改良.
    In 情処研報 2014-HPC-143, pp. 1-10, March 2014.
  71. 丸山 剛寛,田中 宏明, 水谷 洋輔,神谷 智晴,大野 和彦.
    GPGPUフレームワークMESI-CUDAにおけるマルチGPUへのスレッドマッピング機構.
    In 情処研報 2014-HPC-145, pp. 1-8, July 2014.
  72. 田中 宏明, 丸山 剛寛,神谷 智晴,大野 和彦.
    MESI-CUDAにおけるマルチGPUへのスレッドマッピング機構のための予備評価.
    In 平成26年度電気関係学会東海支部連合大会, P1-4, September 2014.
  73. 神谷 智晴,丸山 剛寛,大野 和彦.
    GPU処理系における自動スレッドマッピング手法の提案.
    In 平成26年度電気関係学会東海支部連合大会, P1-7, September 2014.
  74. 丸山 剛寛,田中 宏明, 神谷 智晴,大野 和彦.
    GPGPUフレームワークMESI-CUDAにおけるマルチスレッド対応のスケジューリング機構の提案.
    In 平成26年度電気関係学会東海支部連合大会, P1-8, September 2014.
  75. 高田 貴正,大野 和彦.
    等間隔格子を用いたSPH粒子法プログラムのCUDAによる高速化.
    In 情処研報 2015-HPC-150, pp. 1-6, July 2015.
  76. 山本 怜,大野 和彦.
    GPGPUフレームワークMESI-CUDAのマルチGPU環境への対応.
    第105回PRO研究発表会(SWoPP2015) Augest 2015.
  77. 田中 宏明, 山本 怜,大野 和彦.
    GPGPUフレームワークMESI-CUDAにおけるデータ再利用性を高めるスケジューラ.
    In 情処研報 2016-HPC-155, pp. 1-7, Augest 2016.
  78. 高田 貴正, 大野 和彦.
    データレイアウト最適化によるGPU用粒子法プログラムの改良.
    In 情処研報 2016-HPC-155, pp. 1-7, Augest 2016.
  79. 中井 裕登, 大野 和彦.
    データ構造のクラスタリングによるGPUプログラムのメモリアクセス自動効率化.
    In 平成29年度電気関係学会東海支部連合大会, E1‐7, September 2016.
  80. 中井 裕登, 大野 和彦.
    メモリアクセス命令の実行回数とアドレスを利用したGPUプログラムのデータレイアウト自動最適化.
    In 情処研報 2017-HPC-158, pp. 1-8, March 2017.
  81. 廣田 裕哉, 大野 和彦.
    HITSアルゴリズムを用いたWebページ人気度ランキング計算のGPGPUによる高速化.
    In 平成29年度電気関係学会東海支部連合大会, C5‐8, September 2017.
  82. 新田 知生, 大野 和彦.
    配列ハッシュ格子を用いたBOIDモデルシミュレーションのGPUによる高速化.
    In 平成29年度電気関係学会東海支部連合大会, C5‐9, September 2017.
  83. 中井 裕登, 新田 知生, 大野 和彦.
    セルの細分化によるGPU上のSPH法プログラムの高速化.
    In 信学技報 Vol.117, no.314, CPSY2017-50, pp. 1-1, November 2017.

最終更新: Thu Jun 28 18:38:10 JST 2018

御意見、御感想は ohno@arch.info.mie-u.ac.jp まで